>

収納前に分別しよう

使う頻度が高いものを出しやすい場所に

引き出しから出したものを必要なものを残したら、その中で、使用頻度の高いものに順番を付けていきます。
その上で、使用するタイミングが同じだったり、同じ作業をするときに使うものたちをグループにして収納計画を練ります。
同じものを一緒に収納しておくと取り出すにも便利ですし、片づける時にも迷わずに済みます。
収納するものをグループ分けできたら、収納する引き出しの場所を決めます。
引き出しにも様々なタイプがあります。
テーブルやデスクであれば、一番上の浅めの引き出し、一番下は比較的深さのある引き出しになっています。
キッチンであれば、シンクの下やコンロの下など、場所も、サイズも様々です。
使用する場所に近い引き出しで、アイテムの大きさも意識して、収納する引き出しを決めます。

収納場所の決め方

収納する引き出しを決める時に意識したいのが、そのアイテムを使った作業と収納場所がリンクしていることです。
キッチンであれば、コンロ下にある引き出しに、フライパンや鍋を収納するようにすると、調理の最中でも、追加で使用したい調理器具を取り出しやすいです。
また、同様に、シンク下の引き出しに洗剤やスポンジの予備や、ゴミ袋や小分けビニール袋の予備などを収納しておけば、作業中に取り替えたくなった時にすぐに取り出すことができます。
実際の作業と収納場所がイメージしやすいので、よく使う方が使いやすいのはもちろん、家族の方がお手伝いをしてくれる時にも、場所がわかりやすいので、効率もアップします。
家事の負担も減るかもしれませんね。


この記事をシェアする