>

引き出しを整理するとイイコトが

整理整頓の準備

引き出しの中を整理整頓するためにまず最初にやることは、何が入っているのかを把握することです。
テーブルの上など、面積を広く使えるところをキープして、引き出しの中に入っているものを全て出して、並べてみます。
詰め込んでいた引き出しの中には「こんなものあったっけ」と首をかしげるものや、「ここにあったんだ!」と意外なものを発見することもあるかもしれません。
引き出しの中に何が入っているのか、覚えていないのもアウトですが、開けて見ても、何が入っているのか、一目で確認できない状態であるのも問題ですね。
整理整頓する前に、まずは、何があるのか、そして、本当に必要なものなのかどうか、といったことも確認することが大切です。

必要のないものを捨てるチャンス

「すぐ使うから」という理由で目につきやすい引き出しに放り込むことはよくあることです。
でも、意外と使わずに放り込んだまま、という物も結構あるものです。
整理整頓の前に、中身をすべて出したところで、あまり使いそうにないものや、いくつも同じものがあったりする場合は、思い切って捨ててしまうというのもポイントです。
ボールペンなどは、普段使うのはせいぜい2~3本ですから、余分なボールペンは捨てたり、他の場所に移動させたりすれば、引き出しの中はその分スペースが空きますよね。
逆に、「余分にある分には困らないから」と、ため込んでしまっては、小さな引き出しなど、あっという間にパンパンになってしまいます。
整理整頓の前に、本当に必要なものだけを残す作業も大切です。


この記事をシェアする